野菜栽培:土壌と肥料の「はなし」(その4)

今までは農家さんの通常の作業工程に合わせて「土壌と肥料」について見てきましたが、今回は「肥料」自身に焦点をあわせて見ていきます。

肥料の種類について

肥料は原料の違いによって、「有機質肥料」と「化学肥料」とに大別できます。

1.有機質肥料
動物の糞・骨粉などの動物性有機物もしくは米ぬかなどの植物性有機物を原料とした肥料です。単体の原料を使ったものもあれば、成分のバランスを調整するために複数の有機物を混合したもの、あるいはそれらを発酵させたものなど様々な種類が出回っています。
有機質肥料は土中に投与した後に、植物が摂取できるような無機物に変化するまでに微生物の力を必要とするために効果が出るまでに時間がかかります。しかし、その効果の持続性に優れているます。また、微生物による分解を経るために、「土がふかふか」する効果があります。

2.化学肥料
自然界にある無機物から必要な要素を化学的な手法により取り出した肥料が主であり、基本的には即効性があるとともに、必要と思われる要素のみ(窒素のみとか、リン酸のみとか)を持つ肥料(単肥)を選択することでピンポイントでの使用が可能です。実際、追肥作業では単肥を使う農家さんが多いようです。

肥料過多について

野菜を栽培する上で必要な農薬ですが、昨今は減農薬野菜など、その使用量を抑えた栽培方法が注目されています。特に、窒素(化学式:N)からなる物質の環境・人体に対する影響についての議論がなされていますので、ここでは主な論点を見ていきたいと思います。

<植物の窒素摂取法>
植物は空気中の窒素をそのまま取り込むことはできず、肥料などに含まれる窒素(N)を含んだ成分から生成される硝酸態窒素、アンモニア態窒素を根から吸収します。
硝酸態窒素とは硝酸イオン(NO3⁻)のように窒素(N)が酸化されたものであり、アンモニア態窒素とはアンモニアイオン(NH3⁺)の形で存在する窒素のことです。
土中ではアンモニア態窒素→亜硝酸態窒素→硝酸態窒素と微生物の働きなどにより徐々に酸化、変化していきます。
肥料以外にも微生物の働きにより空気中の窒素がアンモニアに変換され(窒素固定)、そのアンモニアがアンモニア態窒素→亜硝酸態窒素→硝酸態窒素と変化していくものもあります。

<環境への影響>
植物が摂取しきれなかった硝酸が土中に増えると、PHの低下(土の酸性化)を引き起こし「土の力」を低下させます。
また、硝酸イオンはマイナスの電気を帯びているために水に溶けて土壌から流れ出し(同じくマイナスの電気を帯びている土壌から遊離しやすいため)、地下水・河川を通じて広範囲の環境に悪影響を及ぼします。
例えば、硝酸は化学変化を起こし亜酸化窒素(N2O)となり、その亜酸化窒素が大気中に放出されると一酸化窒素へと変化しオゾン層を破壊することで地球温暖化の原因ともなります。

<人体への影響>
EUでは一部の野菜について硝酸態窒素の基準値が設定されています。
一方、日本では農林水産省から以下のコメントがなされており、現状は個別野菜品目について硝酸態窒素についての基準値はありません。
•硝酸塩は、通常摂取する程度では、それ自体は特に人体に有害なものではありません。しかし、ヒトの体内で還元され亜硝酸塩に変化すると、 メトヘモグロビン血症や発ガン性物質であるニトロソ化合物の生成に関与するおそれがあるということが一部で指摘されています。
•しかし、生体内における硝酸塩から亜硝酸塩への転換のメカニズムは複雑です。食物に含まれる硝酸塩が転換されるばかりでなく、生体内の他の窒素含有化合物(アンモニア、ヒドロキシアミンなど)が酸化されて硝酸、亜硝酸塩が生成されることなどから、食物由来の硝酸塩のうちどのくらいの量が亜硝酸塩に転換するのかは、はっきりとしていません。
•また、硝酸塩の摂取と発がんについての研究も各国で実施されているところですが、 FAO/WHO合同食品添加物専門家会合(JECFA)は、硝酸塩の摂取と発がんリスクとの間に関連があるという証拠にはならないと言っています。
引用サイト : http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/syosanen/eikyo/index.html

参照サイト : http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/syosanen/ganyu/index.html

 

硝酸態窒素についての影響が明確となっていませんが、日本でも硝酸態窒素の含有量を減らすべく野菜作りをしている生産者農家さん、また、それを求めている消費者の人が一部にいるのが現状です。

Leave a Response