野菜の価値について考える

野菜の価値について考える

日本農業新聞は販売キーワードを流通業者に毎年ヒアリングし、1月に順位を発表しています。このキーワードを読み解いていくと消費者が重視する青果物の価値が見えてきます。

野菜の価値「安全・安心」について考える

消費者が考える青果物の価値の一つに「安全・安心」があり、今回はこの点について考えていきます。「安全・安心」は語呂も良いためにそれぞれの意味の違いを見落としがちですが、それらは異なったものです。

野菜の価値「おいしさ」について考える(その1)

消費者が購入する際に求めている判断基準の一つに「おいしさ」がありますが、青果物自体で「おいしさ」は伝えられません。では何をどのように伝えるのが青果物の価値を伝えることとなるのでしょうか?

野菜の価値「おいしさ」について考える(その2)

「おいしさ」は脳で感じるものであり、食味・食環境要因・外部要因・心理的要因・生理的要因の要因があり絶対的評価ができないものです。米の分野では毎年「食味ランキング」を発表しています。どのように評価しているのでしょうか?

野菜の価値「機能性(栄養価)」について考える(その1)

野菜摂取量の目標は350gですが、実際の野菜摂取量の平均はその8割程度となっています。今や量よりも質にこだわるべきではないでしょうか?また、期待する効能が得られるのであれば購入する消費者はいます。

野菜の価値「機能性(栄養価)」について考える(その2)

厚生労働省の野菜摂取量目標の350g/日達成に関する様々な問題を解決するためには高栄養価である野菜を摂取ればよいのではないか?その理由は?また、「鮮度」が重視される野菜ですが、「鮮度」と栄養価との関係も見てみました。

Leave a Response