メタボと生活習慣病

今まで管理栄養士の先生に生活習慣病である高血圧糖尿病動脈硬化についてそれぞれお話しをお伺いしてきました。今回は、それらに共通してでてきたメタボリック症候群、特に内臓脂肪が蓄積することで、私たちの体内でどのようなことがおきて生活習慣病が引き起こされるのか見ていきましょう。

メタボリック症候群とは?

内臓脂肪症候群のことであり、内臓脂肪の蓄積された状態に加え高脂血症・高血圧・高血糖のうちいずれか2つが複合した状態のことを指します。
具体的には以下の診断基準に基づいています。
・内臓脂肪の蓄積された状態
ウエスト(おへその高さの腹囲)が男性であれば85cm以上、女性であれば90cm以上であること。
・高脂血症
中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満のいずれか又は両方であること。
・高血圧
最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上のいずれか又は両方であること。
・高血糖
空腹時血糖値が110mg/dl以上であること。

(日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など8学会が合同で公表した「メタボリック症候群の診断基準」より)

内臓脂肪の蓄積から生活習慣病が引き起こされるまで

内臓脂肪が蓄積され、脂肪細胞から分泌されるホルモン(アディポサイトカイン)の量が変化することによりホルモンバランスが崩れるため、そのホルモンの働きが通常時より助長(もしくは抑制)されることにより様々な弊害をもたらします。そして、その結果、生活習慣病が引き起こされるのです。

<主なホルモンとその弊害>
・アンジオテンシノーゲンの増加 :血管を過度に収縮させます。
・FFA(遊離脂肪酸)の増加 :血液内の中性脂肪を増加させます。
・TNF-α,FFA,レジスチンの増加 :インスリンの働きを抑制します。
・アディポネクチンの減少  :インスリンの働きを抑制します。血管壁の修復力が低下します。脂肪燃焼力が低下します。
・PAI-1の増加  :血栓を作りやすくします。

<インスリンの働き>
【炭水化物・糖質】 のところで管理栄養士の先生にご説明頂いたように、体内でブドウ糖の血中内濃度が高まった(高血糖状態)時に、糖を肝臓に取り込んでグリコーゲンとして貯蔵する働きをしています。その結果、高血糖状態を解消してくれています。
インスリン抵抗性とは、そのインスリンの働きが抑制されることを言います。

チャートにすると以下の絵となります。

国立保健医療科学院:保健指導における学習教材集を一部改変
https://www.niph.go.jp/soshiki/jinzai/koroshoshiryo/kyozai/

高血糖が更なる内臓脂肪の蓄積を生み出す

血糖値が上昇すると、さらなる内臓脂肪の蓄積の原因となります。その結果、更なるホルモン異常→更なるインスリン抵抗性→更なる高血糖→更なる内臓脂肪蓄積と悪循環になってしまうのです。

アディポネクチンを増やすには

悪循環を断ち切るには何か良い方法はないのでしょうか?現在検討されている中で、体内のアディポネクチンを増加させればよいのではないかという案があります。但し、アディポネクチンは外部から直接摂取することができないため、その分泌を促進を期待できる栄養素を摂取することで間接的な効果が期待されています。
具体的な栄養素と食材としては以下のものが挙げられています。
・大豆たんぱく質:大豆
・食物繊維:特に玄米が効果的と言われていますが、それ以外の穀類や野菜
・マグネシウム:豆類・種実類

Leave a Response