見てみた野菜の価格:「じゃがいも」 乱高下する市場価格

 

天候不順や天災があると、「野菜価格が昨年と比べて1.3倍に」などとニュースで取り上げられます。しかし都度都度取り上げられるものなので、「ふーん、そうなのかぁ」と終わっているのではないでしょうか?そこで今回は、スーパーマーケットなどの小売業者の仕入れ値となる市場価格、その中から東京中央卸売市場の5月から9月について過去三年間の「じゃがいも」の実際の価格の動きを見てみました。その結果、改めて「野菜の価値」って何なのか考える必要性を感じました。

なお、あわせて青果物の価格決定メカニズムの中で述べた「需給の変動に比べて価格の振れ幅が大きいこと」、「需給の価格弾力性の低下」についてのイメージも持っていただけるのではと思います。そのため細かいところは多少目をつぶった上でお読み下さい。

過去の「ばれいしょ」の値動き

「じゃがいも」は5,6月と10,11月が旬と言われますが、今では一年を通して手に入る野菜です。2017年の春は作付け不良によりポテトチップスの生産にも影響を与えて話題にもなりました。そこで、農林水産省ホームページ内の青果物卸売市場調査(旬別卸売数量・価格動向)のデータをもとに、生産が落ち着いてきたと思われる2017年の5月~9月までの価格の動きを過去のデータと比較しながら見てみました。

2015年は値動きが激しく、5月中旬から7月上旬にかけ200円から280円まで、そして8月下旬には140円まで価格が乱高下しています。その間、市場の入荷量も3,600tから1,500tに激減し、その後3,500tまで回復しています。2015年は4月に記録的な日照不足が発生したため「じゃがいも」の品質低下が起き出荷量が激減し高値で推移した後、8月初旬に生育は順調に戻したものの価格については引きずられるかたちで多少高値で取引されていた年でした。

また、過去の3年間の8月上旬の価格を比較してみると、2015,2016年ともに2,000t弱の市場入荷量に対して価格が165円前後であったのに対して、2017年は市場入荷量2,300tに対して価格が122円となっています。
2016年は生産量全国2位の長崎県での雪害により出荷量が7月まで減少していたものの、8月には他県からの出荷もあり平年並みに戻した状況でした。2017年は前年の長雨・台風の影響により生産量1位の北海道からの出荷が5月まで減少していて高値で推移していましたが、6月から他県の出荷もあり落ち着いたところです。
そのような背景の違いはあるものの、8月上旬には2015,2016,2017年とも通常の出荷状況であったと考え、また、品質も同等であったと考えると、2017年は市場に300t(15%)多めに入荷されることにより、価格が165円-122円=43円(26%)低下していることとなります。

需給による価格への影響がこれだけ大きいと、農家さんが長期的に安定した経営をするのに困難な状況となりますし、消費者は野菜を購入するときに何を基準として対価を払えば良いのか戸惑ってしまいます。それに、そもそも「野菜の価値って何?」って問いたくなります。

データ取得元: https://www.seisen.maff.go.jp/seisen/bs04b040md001/BS04B040UC030SC003-Evt001.do

青果物需給の価格弾力性の低下

通常、供給量<需要量の場合には商品の価格は高くなります。その時、生産者は高く売れるので、より商品を生産しようとします。また、消費者は「買い控え」や他の代替商品を購入することを考えます。その結果、供給量が増え、需要量が減り、商品の価格は低下する傾向があります。
一方、供給量>需要量の場合には商品価格は低下します。その場合、生産者は生産を抑え(供給量が減り)ようとし、消費者はより商品を購入しよう(需要量が増え)とします。そのため商品の価格は上昇する傾向があります。

しかしながら青果物については、商品の特性上、生産から出荷まで時間を必要としますので、生産者が市場価格の動きにあわせて即座に生産量(供給量を)を調整することは困難です。また、品揃えを重視している量販店も多く、高くても買うという行動パターンにより、供給量が少なく価格が高い場合でも需要量がそれほど減少しません。供給量が多く価格が低い場合には、特に生産者が市場に販売・値付けを委託している中で決定される価格は、量販店のBuying Powerに押されて「より安く」売られてしまうこととなっています。そのために、需要・供給と価格の相互作用の関係性が薄れてしまっています。

むすび

我々は生産者・消費者のためにも、「野菜の価値」とともに「価格」が見えるようにと望んでおり、そのためにも生産者が価格設定をした上で価格決定の際に顔を出せる仕組みが必要だと考えています。

 

見てみた野菜の価格:「ほうれん草」 旬の市場価格

 

Leave a Response