管理栄養士が書く:動脈硬化と栄養素(前編)

 

動脈硬化とは、動脈の壁にコレステロールや中性脂肪などの脂肪を含む物質が沈着し、血管が狭くなったり、固くなったりして弾力が失われた状態をいいます。その結果、血液の流れが悪くなり、血管の弾力性が失われることから血管がもろく壊れやすくなります。加齢とともに起こりやすく、若年性の動脈硬化症は遺伝的要素が考えられます。動脈硬化が引き起こす疾患や脂質の種類、動脈硬化を予防する食生活のポイントについて記します。

1.動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因になります。

心臓から送り出された血液を身体中に運ぶ血管を動脈といいます。この動脈は年をとるにつれて、硬くもろくなります。動脈の劣化を早める主な要因には高コレステロール高血圧があります。高血圧の状態では、心臓が強い力で血液を押し出し、血管がその強い圧力をたえずうけるため、血管の壁が傷つき、もろく弱くなってしまいます。このようにして傷ついた血管の内側の壁には血液中の余分なコレステロールがしみ込み、たまっていきます。その結果、血液の通り道が狭くなった状態が動脈硬化です。
動脈硬化は血栓ができる要因にもなります。血栓とは血管を流れる血液が固まってできる血のかたまりのことです。血栓ができると血管が詰まり、そこから先へ血液を送りにくくなってしまいます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの重大な病気を引き起こし要因となります。

2.余分なコレステロールが動脈硬化のきっかけになります。

コレステロールは、体をつくる細胞や体内でつくられるホルモン、食事から摂取した脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料にもなります。コレステロールは本来、人間の体が正常に働くためになくてはならない物質です。
一般的には悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあると言われていますが、本来コレステロールは善玉も悪玉もなく、血液中を流れている粒子の大きさによって区別されています。血液中のコレステロールは、たんぱく質と複合体を形成してリポタンパクとして存在しています。リポタンパクは、比重の重さによってhigh density lipoprotein(HDL、高比重リポタンパク)、low density lipoprotein(LDL、低比重リポタンパク)、very low density lipoprotein(VLDL、超低比重リポタンパク)、cylomicron(カイロミクロン、乳び脂球)の、4種類に分けられます。
その内、コレステロールを主に運んでいるのがHDLとLDLで、HDLに運ばれているコレステロールをHDLコレステロール、LDLに運ばれているコレステロールをLDLコレステロールと呼んでいます。LDLは細胞にコレステロールを運びます。しかし、LDLが増加すると動脈壁に蓄積し、動脈硬化を進める原因となってしまいます。一方で、HDLは全身を巡って末梢組織から余分なコレステロールを回収し、再利用するために肝臓に送り届けます。従って、動脈硬化の進行を抑制します。このような働きをすることから、LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

 

管理栄養士が書く:動脈硬化と栄養素(後編)

Leave a Response