6大栄養素【脂質】

脂質は炭水化物、タンパク質と並ぶ三大栄養素のひとつであり、私たちが生きていくために重要な役割を担っています。

ヒトにとって糖質に次いで利用されるエネルギー源である中性脂肪、リン脂質やコレステロールといった細胞膜の主要な構成成分となるもの、その他にもホルモンや生理活性物質といった身体に働きかける物質の材料にもなるなど、大切な役割を果たしている栄養素です。
脂質は構成成分として、“脂肪酸”というものを含んでいます。この脂肪酸によって大きく分けて飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の2つに分類されていきます。

<飽和脂肪酸>
ラード、牛脂、バターなどの動物性脂肪やパーム油、ヤシ油などに多く含まれているもので、私たちが食べている豚肉や鶏肉、牛肉といった肉類の脂質は、ほとんどこの飽和脂肪酸で構成されています

<不飽和脂肪酸>
不飽和脂肪酸は主に植物油に多く含まれており、さらに一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

    • 一価不飽和脂肪酸

ほとんどがオレイン酸という脂肪酸で、オリーブ油に多く含まれています。

    • 多価不飽和脂肪酸

n-6系不飽和脂肪酸とn-3系不飽和脂肪酸に分類され、n-6系にはコーン油や大豆油に含まれるリノール酸、n-3系にはアマニ油やしそ油に多く含まれるα-リノレン酸、魚油に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などがあり、私たちが食べている青魚を中心とした魚類はほとんどこれらの脂肪酸で構成されています。さらに、リノール酸とα-リノレン酸は前述した細胞膜の主要な構成成分であるリン脂質の材料であり、私たちにとって重要なものであるが体内で合成することができないため「必須脂肪酸」と呼ばれており、食べ物から体内に摂取することが望ましいとされています。また、EPAとDHAはα-リノレン酸から体内で合成することができるが、特に妊娠中や乳幼児、高齢者は不足がちになり、動脈硬化の予防にも効果があることから食べ物から摂取することが推奨されています。

コレステロール

動脈硬化の原因として嫌なものと認識されがちですが最初に述べたように大切な役割を担っているため体内でも合成・調節されています。摂取量が少なければ体内での合成量が増加し、逆に摂取量が多ければ体内での合成量が減少します。そのため、特別にコレステロール摂取をする必要はないのです。ですが、コレステロールを摂取しすぎてしまうと動脈硬化を誘発してしまいます。その指標となるものがLDLコレステロールであり、LDLというたんぱく質が血液を介して全身にコレステロールを運んでいますが、余分なコレステロールは血管に沈着するため血液中のLDLコレステロール濃度が高い場合は危険であるとされています。したがって、LDLコレステロールは「悪玉」と呼ばれます。逆に「善玉」と呼ばれるのはHDLコレステロールであり、HDLというたんぱく質が血液を介して、全身の組織からコレステロールを抜き取り、肝臓に運び脂質を消化するために必要な胆汁酸というものに変換することで体外へ排出するという機能があります。したがって、血液中のHDLコレステロール濃度が高いことは良いとされているのです。

執筆・編集 中村学園大学 大部 正代
http://www.nakamura-u.ac.jp/

6大栄養素【炭水化物・糖質】
6大栄養素【タンパク質】
6大栄養素【ビタミン】
6大栄養素【ミネラル】
6大栄養素【食物繊維】
機能性栄養素の種類と効能について

【参考】
健康・栄養科学シリーズ 基礎栄養学(編集:奥恒行、柴田克己)
健康・栄養科学シリーズ5 基礎栄養学(杉山英子、小長谷紀子、里井恵子:著)

Leave a Response